作家と職人展 2016

2016-05-07

作家と職人展 2016

かんじる比良 2016 作家と職人展 – 入場無料
2016年5月20日(金)~ 22日(日) 10:00-17:00
会場: 比良麓の会自治会館「森の家」 滋賀県大津市北比良1039-133

【油彩画】岡本裕介
【陶芸】加藤敏雄 / 河合正光 / 木村展之 / 木村隆 / 玉川義人 /
    中島千英子 / 圓口功治
【染織】中島千津 / 宮﨑芳郎
【織】平井恵子
【漆芸】大町憲治 / 廣田千惠 / 藤井收
【写真】佐伯俊次 / 内藤美智子 / 平田尚加 / 吉田信介
【刺繍】岡村達
【墨象】三大寺青楓
【仏像】安田明玄
【仏画】安田素彩
【靴】大村寛康

安田明玄 釈迦如来 【仏像】安田明玄 蔵王権現
ガンダーラの釈迦如来に魅せられてガンダーラ風の釈迦如来を制作してみました。楠の一木造りですが、顔と手は木の風合いを残して衣の部分のみ色を付けてあります。

安田素彩 蔵王権現 【仏画】安田素彩 蔵王権現
修験道の本尊でもある蔵王権現を描いてみました。
人間にも優しい人 強い人様々な人がある様に、仏像にも観音様の様な優しく優雅な仏もあれば不動明王の様な強いイメージの仏もありますが、蔵王権現は乱世の世にふさわしい強い仏であります。
人は弱いもの 何かにすがりたくなる時、色々な出来事に心が弱くなります。
自分の心を奮いたたせ頑張る時にはこの様な強面の仏を思い出してみるのも良いかもしれません。頑張ります!

加藤敏雄 【陶芸】加藤敏雄
地球の創生期、地球のマグマが固まった花崗岩、400万年前それが風化し流れ古びわこ湖に堆積した信楽粘土、地球からの大切な贈り物、陶芸家の今井先生は面象嵌で魚、蟹、ヤドカリ、山帰来などの生きた姿を花瓶、皿、香炉に描いて創作し薪窯で焼く、それは地球(作品)を焼くという心で取組んでおられるとの言葉、正に私も気にいって自分の中に取り入れています。青磁、緋色、墨流しなどの手法用いて土と形を大切に作品を創作しています。

この記事は 加倉大輔 が書きました。